バニラエアを利用して都市部から格安で奄美へ

空から見た奄美

バニラエアを利用して都市部から格安で奄美へ

奄美大島で格安航空券を利用して旅行をするということになると、LCCであるバニラエアに乗るというのが一番ふさわしいのではないでしょうか。バニラエアは成田空港を拠点としていて、その中で奄美空港まで直接就航をしています。成田空港だけでなく関西国際空港からでも奄美大島に行くことができるようになっています。

成田空港からだと約2時間20分で到着する

成田空港から奄美空港までであれば約2時間20分で到着することができます。1日1本運行していますので、きちんと時間を守って乗ることをお勧めします。
成田空港を利用する場合には第3ターミナルになりますので、そこに行くまでに時間がかかります。時間に余裕を持って行動をした方がいいでしょう。

料金については空席に連動した形になりますので、早めに予約をした場合には基本的に安くなり、1万円を切るということも十分にあり得ます。

関西国際空港からだと約1時間45分で到着する

奄美空港へは関西国際空港からも運行をしています。1日1本運行していますので、それに乗り遅れないようにするべきでしょう。
安い場合であれば5千円ぐらいから販売をしていますので、早く予約をすることによってその恩恵を受けることができます。

料金プランによって預けられる荷物の重さが違う

小さ目の旅行鞄
バニラエアでは運賃タイプによって受託手荷物のルールが異なりますので、そこのところをしっかりと確認して予約をすることをお勧めします。
一つ目はコミコミバニラという運賃プランで、一番高いプランにはなりますが、20Kgまでであれば無料で預けることができますので、荷物が重くなりそうな人にとっては十分おすすめできるプランです。
二つ目はシンプルバニラという運賃プランで、安く旅行をすることができる代わりに、預ける荷物に関しては有料になっています。
カウンターに預ける荷物がそれほどないということであれば、安さを有効に利用をすることができるでしょう。
三つ目はわくわくバニラという運賃プランで、バーゲン時など不定期に販売をしている運賃でシンプルバニラよりも安いことがあるほどで、こちらにおいても有料で荷物を預けることになります。

安く旅行をすることができるのは魅力

バニラエアを利用するとなると大抵の場合格安航空券になることが多いです。奄美大島までは成田空港と関西国際空港から就航しています。安く行けるのはいいですが、受託手荷物の取り扱いには十分注意をするべきでしょう。

Similar Posts:

    None Found